読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからの明るい未来

いろんなニュースが最近あるけど、なんかすごい気になった。
女性として、母として、助産師として学びへの挑戦
助産師を取り巻く状況は大きく変わってきています。

7/21に放送スタートした「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ)が、アラフォー女性の間で話題になっています。松嶋菜々子さん演じるヒロイン・奈津子は、広告代理店のCMクリエイターで、業界の賞を取ったほどの売れっ子でしたが、40歳直前に結婚し出産。3年の産休・育児休暇を経て、職場復帰します。ところが配属されたのは、出産前にいたクリエイト部門ではなく、営業開発部という新規部署でした。しかも異例の部長待遇。それでも営業ではなく制作に戻りたいという奈津子に、斎藤という取締役(石丸幹二)はこう言い放ちます。

取締役「会社は子どもを産んだ女性を積極的に受け入れているが、腹の底じゃ不満を抱いている者も少なくない。何年も休んだ人間と、毎日汗をかいてきた自分たちを一緒にしないでほしい」

「育児休暇明けの君を管理職に据えれば、“女性の活躍”に熱心な企業として、いいアピールになるわけだよ」

これぞ企業の本音。

このドラマさらっと見たけど、なかなかだったな。

女性が活躍する社会ができればできるほど、少子化が進むし。
かといって女性も働かないといけない社会なわけで。

人が少ないからこそ、余計に地域差?
みたいなのがあるんだろうね。

ドラマはやり手の女性の話だけど、みんながみんなじゃないし。

医療系とか、助産師さんにしろ、介護士にしろ、人の命を
預かる仕事って本当に難しいよねぇ。
今は共働きで仕事しながらってのが今や普通だもんねぇ。

女性だけじゃないけど、やっぱ何かしら
手に職つけとくのが一番かな、って思う。
最近なら再就職?を応援するところも多いからね。

まさに育休した人向けの学校とか最近増えてるもんな。

iShine Professional College(アイシャイン プロフェッショナル カレッジ:iSPC)

こういうとこで、子育てしながらスキルアップして
ある程度大きくなったら仕事に復帰ってのが理想だよな。

まあ、現実は普通にこっちの給料が上がってくれたら
それが一番いい解決方法だったりするんだけどね。


ま、そんなに簡単には無理だろうけどねぇ。