日本で許可が下りているバイアグラはシルデナフィル25mgか50mg

急に何を言い出すんだと思う方もいるでしょう。

自分でも急に何を言っているんだろうとおもっているので、皆さんと私との認識はあっているとおもってください。

自分の体の変化(劣化)が気になる

なんで急にバイアグラの有効成分はシルデナフィルなんてパンチの効いた記事を書こうかと思ったのか、というと。

単純に自分の肉体に対して気になる点があるから。

ご存じのとおり、バイアグラとは要するにEDになった人が改善するために飲む薬です。自分の体が若干怪しいので心配で色々と調べる日々。

さっさと病院に行って診断してもらうのが一番だとはわかってはいるものの、実際にEDだと診断されたら困る…というかへこむのでなかなか足が動かない。

勘違いであってほしいと願えば願うほど余計に行きにくくなってしまうのなんだな、と人間の心の弱さを改めて感じるのだった。

心配なので色々調べた結果

で、自分がどうなのかを色々調べていたら、知らない事っていっぱいあるんだなと改めて感じだ。

その中でもED薬にも色々と種類があるということを知る。

一番有名なのが「バイアグラ」、その次に「レビトラ」、「シアリス」…。
あとは「バイアグラ ジェネリック」とか色々ある。

一般的なEDの治療薬としてバイアグラが用いられるわけだけど、そのバイアグラ厚労省が認可している薬は2種類しかないという。

バイアグラは錠剤、ODフィルムともに含まれる有効成分は「シルデナフィル」です。国内では、この成分が[25mg]と[50mg]含まれている2種類しか厚労省は認可を下ろしていません。例えば「バイアグラ50mg」の場合、含有しているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgですが、その中の有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれているということになります。

バイアグラについて -浜松町第一クリニック-

 ということで、日本で許可されているのはマックスで50mgのものなので、それ以上のシルデナフィルが含まれたバイアグラは日本では許可されていないということになる。

いつぞやだったが、電車の中づり広告で、バイアグラ100mgみたいなものをみたことがある…。今思うとあれは許可されてない海外の輸入品ということだったんだろうと自己完結。

さらに調べてみると海外ではシルデナフィルが100mgというバイアグラもないわけじゃないらしいので、自己責任で使わないこともない。

が、大抵の輸入品はまったく効かない成分で作られた偽物である可能性が高いそうだ。

まったく効果がないというだけならまだしも、世の中には有害な成分で薬をつくるような人たちも多いそうで…そんなのを口にしてしまったら、EDが治るどころか別の病気になってしまうとか。

というわけで自己責任とはいえ輸入品を使う場合は慎重になったほうがいいということだ。というか欧米人と日本人じゃ体格差がありまくるから、そりゃ同じの使ってもしょうがないよねという結論に至るのでした…。