ノーベル賞

ノーベル賞の晩餐会が10日に行われるそうで
毎度のことながら、その料理にも目が行きますよね。

実際、私が食べることはありませんから
どんな味かまではわからないですけど
見た目だけを見るなら、なかなかいいですよね。

そんな晩餐会ですけど…。

サクソンさんが晩さん会のメニューを担当するのは昨年に続き2年連続。

 スウェーデン王室関係者も出席する晩さん会のメニューは、毎年注目が集まる。イサクソンさんは「まだメニューは明かせない」としつつ、「昨年は、野菜の皮など使わずに捨ててしまったが、今年はそうした物も料理に使う工夫を考えている」と語った。

ノーベル賞晩さん会、和食に造詣深い料理人担当 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

そんなわけで、今年もまたどんな料理か
いろんなテレビで取り上げられることに
なるんでしょうねー。

ふと気になったんですが…。

私は理系がちょっと好きな文系なので、
ノーベル賞見るのは好きなんですよねー。

自分じゃ到底なしえない研究をして
その成果が認められるってすごいですよね。

それが、世界中で役立つのならなおさらすごい。

私ももうちょっと頑張って理系関連の勉強をしておけば
って思ったりもしたんですけどね。
研究職として働くことができれば、
また違った感じだったのかなーと思ったり。

ちなみに研究といっても色々あってね、
基礎研究は本当に大変なんだよねぇ。

研究には、大きく分けて基礎研究と応用研究があります。基礎研究は、特別な用途に関係なく未知の物質や未開拓の原理を発見・解明するのに対し、応用研究は、基礎研究で解明された研究結果を活かして、それをどのように実用化していくのかを研究するものです。

研究職とはどんな仕事?│FAQ│理系・研究職の求人転職はテンプR&D

いろんな研究があるけど、基礎研究は大事だよね。
それだけ基礎研究が全てのもととなるもので、
ここが何年、何十年と続けて、ようやく結果がでるか
もしくは結果ができないまま、っていうこともあるから
研究職として働いてる人はすごいよね。

自分の考えが、当たってた時、それが結果がでた時
っていうことなんだろうけど…。
そのために日夜、研究し続けているのかと思うと
本当に尊敬するよなぁ。

ノーベル賞を取る人たちが、口々に
自分を支えてくれてた人達にお礼を言うのも
そういうことなのかなーと思うよね。

まあ、とりあえず今年のノーベル賞も発表が終わって
また来年どうなるかを楽しみにしたいと思います。

 

 

ブラック企業大賞ノミネート

 12月になりましたね。
そんなわけで、毎年恒例の例のやつが開催中

その名も「ブラック企業大賞 2016」
ノミネート企業はこちら。

1.株式会社エイジス

2.株式会社 電通

3.株式会社 ドン・キホーテ

4.株式会社プリントパック

5.関西電力株式会社

6.佐川急便株式会社

7.サトレストランシステムズ株式会社

8.宗教法人 仁和寺

9.ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)

10.日本郵便株式会社

blackcorpaward.blogspot.jp

もはやラインナップがいつもの顔ぶれがあるような。

ということで、今年はどこになるかなー?
と思っていますが、私の予想ではまあ
電通」かな、と。

電通といえば、今年になって色々な問題が
ようやく明るみになってきたなーという
感じがするので…。

もはやここが、今年の大賞じゃなかったら
他はもっとやばいのか?っていうことに。

まあ、電通の場合はちょっと特殊ですけどね。

去年はセブン-イレブン・ジャパンだったようで
妥当といえば妥当でしょうか。

とりあえずWeb投票が開始されますので
みなさんも1票を投じてみてはいかがですかね。

とりあえず。

本命:電通
対抗:佐川
大穴:プリント・パック

みたいな感じで予想しておきましょうかね。

 

最新のシェアハウスはすごすぎる!

一時期シェアハウスが話題になってたけど、
最近ではかなりいろんなタイプのシェアハウスが誕生してるそうで。

で、ニュースでも取り上げられてたけど、ここのシェアハウスがなかなかすごい。

株式会社大京は、高齢者住宅の推進や有効活用事業などの戦略投資を行う専門部所を新設。

「ソーシャルレジデンス上北沢」は、国際交流ができるシェアハウスを目指し、“WORLD TRAVELをシェアする”をコンセプトに、入居者同士が旅行経験を通じてコミュニケーションを図れる空間を設けています。またライオンズマンションで培ってきた居住性、防犯、防災、コミュニティなどのノウハウを、当シェアハウスにも随所に取り入れた設計としました。

ということで、上北沢にできたシェアハウスが
私が思っていたシェアハウスより数倍すごいみたいです。
どんな感じなのか、調べてみたら本当にすごかった。

▶ 52人が一挙に住めるシェアハウス

https://www.oakhouse.jp/uploads/house/902/images/902_3_M.jpg

https://www.oakhouse.jp/uploads/house/902/images/902_13_M.jpg

https://www.oakhouse.jp/uploads/house/902/images/902_24_M.jpg

画像:ソーシャルレジデンス上北沢

画像を見る限り、シェアハウスというよりただのマンションだね。

上北沢のシェアハウスは52人が住めるけど、さらに多く住める場所もあったよ。

同じオークハウスで紹介されている「ソーシャルレジデンス蒲田」は、
部屋が258部屋もあるそうで、そんな住む人いるのかよって思って、
サイトの空き情報みたら、今は満室(飽き予定3件)でだったよ。

部屋が区切られてるとはいえ、キッチンとかトイレとか風呂とか
共用で使うわけだから、大変そうだなって思うんだけど
こういうシェアハウスに住む人って結構いるんだね。

まあ、10人以上と一緒に住むっていうのもすごいと思ってたけど、
もはや桁が違ったね。200人、知らない人と一緒に住むってすごい。

ある意味、核家族化してて、人との交流が少ない人ほどいいのかも?

ここに乗ってるシェアハウス東京のシェアハウス| オークハウスを見ると、
音楽スタジオとかヨガスペースとか、施設がすごい備わってる
シェアハウスもあった。

音楽スタジオとか、同じ趣味の人が集まってバンド組めるね。
そう考えると、家賃も安いし、立地いいしって総合的に考えて
普通に1人暮らしするよりいいんだろうな。

そう考えると引っ越しもしやすそうだし、1回くらい住んで見てもいいかな。